かわべ式股関節矯正整体法と仙腸関節

仙腸関節は体の要(かなめ)

豊中蛍池の健康整体サロン壮健塾 整体スクール

仙腸関節とは「仙骨」と「腸骨」とが重なり合った部分の関節です。腰という字は「要(かなめ)」という字が含まれているぐらいですから、身体の要であるのですが、もっと細かく言うと、腰の中の仙腸関節が身体の要といえるのです。なぜかというと、仙骨は背骨の重みが伝わっている骨。つまり重力が伝わっている骨。一方、腸骨は、下肢から伝わる力、つまり地面からの反発力が伝わる骨。

つまり、身体のなかに通る「重力」と「反床力」が仙腸関節でぶつかってうまい具合に相殺してバランスをとっているのです。

かわべ式股関節矯正整体法で仙腸関節のズレを治す理由

豊中蛍池の健康整体サロン壮健塾 整体スクール

関節には靭帯がついていますが、仙腸関節にもこのように、広範囲に靭帯がついています。そして痛みを感じる神経は靭帯に集まっているといわれています。腰やお尻から太ももにかけての痛みがなかなか治りにくいのは、仙腸関節が身体の要といえる負担をつねに受けて、靭帯にズレが生じているからです。

かわべ式股関節矯正整体法で股関節を正常の位置にとどめていれば、地面からの反床力を正しく仙腸関節に伝えることができるので、痛みが起こりにくく、また、痛みを改善しやすいのです。